ブログタイトル

<< 紫陽花の咲くころに | main | ORACION >>
ライブラッシュを乗り切って
この台風が過ぎ去ると本格的な夏が到来なのでしょうか。 先月からライブ、イベント目白押しでようやくここへきてほっと一息できました。 共演者の方々、会場にお運びくださった皆様に、そして支えてくださった全ての方に心から御礼申し上げます。 最近は踊りだけではなく、スペインで過ごした時の経験や、フラメンコの楽しみ方などのトークを交えながらのステージの機会が増えておりますが、言語表現と肉体表現のスイッチを瞬時に切り替えるのは大変難しく、またフラメンコの知識も浅はかであると再認識したり、常に高くそびえる壁を見上げるばかりです。 でも、高得点を取ろうとすると苦しくなるので、70点を目標として(不足分反省20点、伸びしろ10点)いくようにしています。そしたら長年本番の度に出ていた背中と首の痛みが全くなくなりました。お世話になっているA先生のおかげもあります。 そして「うまく踊ろう」としていた自分の浅はかさと邪念が心身を縛り、フラメンコへの道をますます遠ざけていたのだと教えてくれたのは生徒達です。 そりゃ見に来てくださる方々は貴重なお金と時間を払ってくださるのですから一応プロとしてのプライドをかけなければなりませんが、その一方で、「歌を聴いてギターを感じ、無心に素直に喜んでいる素直な心身」を原点とし、大切なのはその心身を己の支配下に置こうとしてはいけないということ。硬くて柔らかくて、明るくて暗くて、とんがっててまあるくて、黒くて白い・・・・・人は矛盾だらけの生き物で、その矛盾した自分を肯定し素直に受け入れればいいのに、正当性を主張したりすると自己矛盾に苦しむという構図を身体はわかってるのに頭が付いてこないのが現代人と言われていますが、納得。 できることしかできないのでできることをやる・・・・・ 三歩進んでも二歩下がるだけならいいんだけど。
| - | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.saori-flamenca.com/trackback/1432184
トラックバック
舞志道DVD発売中
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS