ブログタイトル

<< Precious Life | main | 紫陽花の咲くころに >>
フラメンコフェスティバル、そしてSAMURAI公演を終えて
初夏の日差し、そして青々と輝く木々の葉が眩しいですね。 この度の公演にご来場くださいました皆さま、本当にありがとうございました。 重責に押しつぶされずになんとか健康で、事故もなく無事に乗り切ることができましたのも、多大なるご声援、ご支援をいただきましたおかげ様と心よりの感謝を申し上げます。 アーティスト達がステージで繰り広げてくれたパフォーマンスを目の当たりにして「感動」「感激」そして「感謝」の言葉に尽きます。そして彼らがステージの後に舞台袖で倒れこむ姿を見るにつけ、百戦錬磨のベテランであっても一回一回のステージにとんでもない緊張感と集中力を持って入魂、命がけでフラメンコに向き合っているのだと思い知りました。 「情熱の火種」に「フラメンコ」という風が吹き、赤々と燃え盛ることもあればほの白く静かに熱を帯びることもありますが、この度の公演を終えて、おひとりでも多くの方々の情熱の炎が燃え上がってくださればと願ってやみません。 自身の事では膨大かつ莫大な反省ばかりが募り、まだまだいろいろな思いが未消化のままでうまく言葉になりません。でも、ひとつとても強く感じたことは、異常なまでの非日常の場面に立たされた時こそ「日々の生活」というものが大切になるとうこと。掃除・炊事といったルーティンワークが平常心を保つための大切な要素なのだなあとつくづく感じました。 本日共演のルイスとイバンは帰国いたしましたが、カンテやギターの先鋭達はまだまだパワー全開で恵比寿におります。今週土曜日の13:00サラアンダルーサ、22日19:00ティアラこうとうにて共演させていただきます。 初来日の舞姫「マリーナ・バリエンテ」との初共演!!!どうぞ皆さまのお越しをお待ち申し上げます!!!!!
| - | 11:53 | comments(1) | trackbacks(0)
コメント
さおりさま&#11088;
9日のSAMURAIFLAMENCO逗子公演、拝見いたしました。大成功おめでとうございます!
今回、普段あまりフラメンコに馴染まれない方にもお声かけましたが、皆さん異口同音に「素晴らしかった、楽しかった!」と目を輝かせておられました。
ともすれば物珍しいで終わってしまうテーマですが、格調高い作品に仕上がっていて本当に素晴らしかったです!作、構成、演出そして主演と、大変な労力を費やされたことでしょう。。。でも、そう言ったご苦労は微塵も感じさせず、次から次へと楽しませて頂きました。
さおりさんのバイレ、どこを切り取っても絵になる美しさでした&#10024;
東京まで行かずに本格的フラメンコを鑑賞できる
幸せ、是非とも定期的にお願いします!?
ありがとうございました&#9825;
| 軽部春海 | 2014/05/13 12:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.saori-flamenca.com/trackback/1432182
トラックバック
舞志道DVD発売中
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS